TOP

沼垂見どころ

一覧はこちら

信越線沼垂廃線

沼垂がまだ新潟市と合併していない頃、明治20年以降、北越鉄道(信越線)の終着駅をどこにするかで、沼垂と新潟で紛争がありましたが、明治30年(1987年)、沼垂駅が開業しました。鉄道は、信濃川河口の山の下の中央埠頭へも延伸、鉄道建設景気、大陸貿易に沼垂の町がわきました。その後、新潟駅が沼垂駅から4キロ路線を延長して、新潟駅(旧駅)が明治37年(1904年)が開業しました。、昭和33年(1958年)、新潟駅が現在の位置に移転した際に旅客営業を廃止し、その後、貨物駅としても平成22年(2010年)に廃止となり、線路も廃線となりました。今は、となりの旧日本石油の製油所跡も残る、インスタ映えするスポットとして知られるようになりました。